誰でも簡単に手芸ができる!初心者おすすめのカウントステッチとは?

インディアン風の刺繍

単純作業の繰り返しでお洒落なデザインを編み出せるカウントステッチ

ダイヤ柄の刺繍

これから刺繍を始めようと考えている方は、「ステッチ」という言葉を覚えておくと、新しい専門用語でもどんなものか見当がつけやすくなります。ステッチとは、刺繍で行う操作そのもの、つまり刺すとか縫う、縫い目といった意味で使われています。例えば、カウントステッチという言葉がありますが、これは、カウント、つまり、数えて縫う、数えて刺すという意味です。カウントステッチは、この名称通り、布の織り目を数えつつ刺繍を施していく刺繍のことです。
何のガイドもない布に刺繍を施して、何か意味を成す図案を仕上げるのは至難の業です。その点、織り目がクッキリ見える布を使って、数えながら刺繍をしていくと、縦横、上下の感覚がハッキリ分かるため、図案を正確に表現することが可能になります。刺繍作品には非常に複雑なものもありますが、分解していけば、このような単純作業の繰り返しにバリエーションをつけているにすぎません。従って、カウントステッチに慣れることにより、刺繍の基礎をしっかり身に着けることが出来ます。カウントステッチにトライしてみたい方は、キット製品を専門通販で購入して、まずは小品を一つ仕上げてみましょう。作業に慣れてきたら、徐々に大きめの作品作りに取り組んでいけば、知らず知らずのうちに刺繍が上達しているはずです。